株式会社ジョイライフ:健康通信:過去のおすすめ健康情報:夏バテ予防

株式会社ジョイライフは自然食品をはじめ品質と安全性、今の現代人に必要とされる物を選び健康補助食品としてご提供しています。

logo.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字サイズ変更はコチラ
コチラで文字の大きさを変更できます。

HOME > 健康通信 > 過去のおすすめ健康情報 > 夏バテ予防 ・・・㈱ジョイライフの会社概要については上の項目を、商品については左の項目からご覧ください。

最終更新日: 2017-12-06

おすすめ健康情報 第2回
 2013/07/

梅雨が終わり今年は全国的に厳しい暑さのようです。
中でも山梨県が全国1位の最高気温39度を超えているそうです。
※この記事を書いていたらどこかが40度を超えたとか…どうとか・・・
東京でも今までで初めて(?)の3日連続の猛暑日があったとか・・・。

この暑さは人間だけでなく、道路のアスファルトも、直射日光を受けて熱を集め、60度近い高温になります。
身長の低い幼児や散歩中の犬などが熱中症になりやすいのはこのせいですね。

夏の異常な暑さが人々の命や健康を蝕んでいます。



最近は色々な場所で「暑いね~」が挨拶になってるようです。


夏 日:最高気温が25度以上
真夏日:最高気温が30度以上
猛暑日:最高気温が35度以上

そんな今年の夏に負けないように今一度、皆さんも夏バテ対策をされてみてはいかがでしょうか?
夏ばて対策10か条!http://allabout.co.jp/gm/gc/299257/

上記のリンクでは2006年に山田さんという方が語っている夏バテ防止法です。
よろしければご覧ください。

では上記の10か条を参考に・・・

『私と始める夏バテ対策!!』です。

1.温度調節!!おすすめ温度は28度?

  • 室外と室内で温度差がありすぎると夏バテに一歩前進だそうで…
  • 私は、もうすでに仕事場の室内と廊下の温度の違いで『部屋から出たくない!』状態です。
  • 5度以上の温度差で身体の温度調節機構出来なくなるそうですので少しずつ温度を上げていくとよいはずです…

DSCN1039.JPG



私の仕事場は普段は26度、
一般的に良いとされる28度まではあと2度ですが…
それがまた遠い…

28度だと汗だくになるので今は27度に慣れるようにしています。

注意

ただ熱中症になる可能性があるのも28度以上からという話もあります!

単純に省エネのために28度にして熱中症で倒れるよりは

窓に外からスダレなどを設置したり
こまめに温度調節をしたり

無理しない程度に実行されてみてはいかがでしょうか?

2.除湿と扇風機

  • 湿度が低いと涼しく感じ、さらに扇風機で風があると体から熱が奪われて涼しいらしい。
  • 仕事場でもサーキュレーターが大活躍です。
  • 是非、エアコンと一緒に使ってみてください。
  • ※扇風機とサーキュレーターは用途と機能が若干違います。

サーキュレーターと狸.jpg




湿度をいろいろ調べました!

人は自律神経で熱を放出する機能を動かしてるのですが…
湿度が高いとそれが出来なくなるそうです。

それが夏バテの原因の一つ!

寝るときに暑いからとエアコンを使ったら夏風邪をひいた…
暑さのせいで睡眠不足になり次の日も…だるい…
更に、疲れが重なって、夏バテが悪化する…

そんな話をよく聞きますので夜には冷房より除湿が最適かもしれません?


夜に冷房でなく除湿を設定し、
更にタイマーで2~3時間でとまるようにしとけば良いのではないかと思います。

現在、自分で試し中です。
(7/15深夜:気が付いたら夜中に起きて冷房にしてました…)

3.冷たい飲み物のかぶ飲み・飲み過ぎはNG

  • 暑いとついつい飲んでしまう冷たい飲み物。
  • でも、冷たい飲み物を取りすぎると、
  • 胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。
  • 夏バテに良い水分の摂り方をまとめてみました。

ememan.jpg



詳しくは下の方にまとめがあります。

4.たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂る

  • 少量でも良いので良質の物を取るといいそうです。
  • 糖質の代謝を助けるのがビタミンB1なのでこれを積極的に摂るとよいそうです。
  • 豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれている。


夏バテといえば!

暑さによるストレス、それを感じることによりビタミンCが減ってしまうそうです。
もう私のビタミンCはたれ流しですよ!
誰か私にすっぱいものを…
更に、夏と言えばビールです!
(飲み過ぎに注意)

そして枝豆!
(タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維)


今年の夏はビアガーデンで枝豆山盛りで夏バテ防止です!

5.暑い時は、熱い食べ物!刺激物はダメ!

  • 我慢大会!ではないですが…
  • 夏は水分を摂り過ぎてたりエアコンのきいた場所に長く居て汗をかいてなかったり
  • と水分過剰状態になりがちです。

そんな時はアツアツの食べ物で大汗をかきながら食べると健康にも夏バテにも良いようです。


でも熱い食べ物でなくても夏にぴったりな食べ物があります。

塩分が高く酸っぱい 梅干し!
梅干しの酸味はクエン酸によるものです。

クエン酸には疲労回復が!!

更に梅干しには抗菌防腐作用消化吸収効果があるので夏バテ対策にも効果があります。

6.健康のために汗をかく!

  • 汗をかくのはカラダの温度調節のためにもとても重要です。
  • 血流も良くなり、老廃物も出てゆくのでいう事なしです。
  • 暑いから…と身体を動かさないでいると汗が正常に出なくなります。
  • 夕方などに歩いてみるなど、適度な運動をしてみてはいかがでしょうか?



私も運動不足なので…
そろそろ、ジムにでも通わないとやばそうです…



ですが夏の水分補給は、多過ぎても少な過ぎてもダメです。

多くても少なくても問題が発生する可能性がある為、夏の水分管理はとても大切です!!

体の水分が不足すると…


脳梗塞心筋梗塞脱水症状など、


といった健康障害のリスクが高まる上に、暑い夏場は熱中症になる恐れがあります。



水分補給が足りない場合の問題



水分補給をしていない

血液中の体液(水分)が減少してくる

体液を調整しようとする働きが血液中で起きる

そのまま水分の補給を行わないでいる

脱水症状が起こる

循環不全が起きる

こうなると酸素や栄養素の運搬に障害が起こったり
体温調節がうまくいかなくなったりすることから熱中症に陥ることがあります。


熱中症の3つの状態

熱疲労
多量の汗に水分や塩分の補給が追いつかなくなり、
脱水症状になった時に発生する症状です。

症状
めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、吐き気など

熱痙攣
大量に汗をかいたあと、塩分やミネラルの補給をせずに水分だけを補給した場合に起こります。
水と塩類のバランスが崩れてしまった状態の時に起きる痙攣です。

症状
口の渇き、めまい、頭痛、むかつき、吐き気など、腹痛のほか、痛みのある痙攣。

熱射病
体温が異常に上がることで中枢神経に障害を起こした状態です。
臓器に障害を起こすことが多く、死亡率も高くなります。

症状
体温が異常に高くなり、初期は大量の汗、口の渇き、頭痛、めまい、
むかつき、吐き気、体のだるさなど。
更に、症状が進むと皮膚は乾燥して赤くなり痙攣や意識障害などが起きます



水分補給が多すぎる場合

のどが乾いたからといって、一度に大量に水分をとることは…

色々なリスクを伴います!

体の中は塩分ミネラルのバランスがとれているものですが…

塩分ミネラルを補給せずに水だけを大量に飲んでいると、
上記であげた熱中症の1つ、「熱痙攣」を起こす可能性があります。

また、冷たい物を極端にとりすぎてしまう

胃腸が冷える胃液が薄まる

といった胃腸の働きを弱めてしまいます。

こうなると十分な栄養を吸収することができなくなり

夏バテ

を進めてしまう恐れがあります。


身体に優しい水分の摂り方

水分をとるタイミング

厚生労働省が勧める水分補給
『のどが渇く前に水分補給を心がける』
~水分が不足するタイミング~

睡眠時
寝る前 ・ 起床時

スポーツ時
スポーツ中 ・ スポーツの前後

入浴時
入浴の前後

に水分をとることを勧めています。


どれくらい飲めばいいのか?

環境省のマニュアルによると、成人男性で1日でおよそ2.5Lぐらいだそうです。

最低でも大体1.2Lの水分を補給すればいいそうです。

さらに運動をしたときや、暑くて汗をかくようなときにはその分を追加でとるという事です。

厚生労働省の「健康のため水を飲もう推進運動」では、コップ1杯の水を飲むときに、あと1~2杯飲めば1日に必要な水分をおおむね確保できるとのことです。


ですが…、急にたくさんの水を飲むと
胃腸への負担、心臓に負担がかかることがあるそうなので、時間をあけて小分けに飲むことをすすめてるようです。
(画像付きで宣伝してました!)


身体に大切な水分補給でも…
水中毒などで水分の制限がある方もいらっしゃるようです。

体がだるい…

まあ、すぐ直るかな?
熱中症かも?
気がついたら水の飲み過ぎかも?

と思ったら早め早めに医師と相談してみた方が良いと思います。




《厚生労働省》 『健康のため水を飲もう推進運動』http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/
上記のリンクで詳しいことがかかれていますのでよろしければご覧ください。

その他・注意点

汗で塩分が失われる?

激しい運動をする人や炎天下の工事現場で働く方など大量の汗をかく人が該当します。
日本人の場合、通常の食事で塩分摂取が多めになることが多いので軽い散歩程度の日常生活であれば汗腺から塩分の再吸収が間に合いますので、特に塩分を気にしなくても大丈夫です。

激しい運動後などに塩分補給をするなら?

スポーツドリンクなどの0.1~0.2%の食塩水が入っているドリンクがよいようです。
ただし、糖分も入ってるので飲み過ぎは太る原因にもなるようです。

水分補給するなら?

アルコールや大量のカフェインを含む飲み物も、尿の量を増やしたり、排泄を促してしまい水分を失ってしまうことがありますうので要注意?
水分補給なら単純に、お茶やお水がいいみたいです。

最後に

これらの情報は私がインターネットで集めて判断・解釈した部分等も含まれております。

時には文章を見直して修正や削除等を行う場合もございます。

ですのでご覧になられた方は気になった単語などは

是非、インターネットなどで検索してみてください。

最終更新日 2017-12-06

btn_information.jpg


btn_osusume.jpg

活性酸素と聞くとなんだか良い酸素に聞こえます。
確かに人体にとって大切な働きをしてくれてますが、最近ではこれが問題になってます。