株式会社ジョイライフ:水素関連Q&A

株式会社ジョイライフはルイボM2シリーズなどお客様のお喜びの声や商品についての疑問をFAX、販売店などで頂いております。それらを少しご紹介させていただいております。

logo.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


文字サイズ変更はコチラ
コチラで文字の大きさを変更できます。

HOME > よくあるご質問 > 水素関連Q&A ・・・㈱ジョイライフの会社概要については上の項目を、商品については左の項目からご覧ください。

最終更新日: 2017-12-06

よくあるご質問&お問い合わせ

お客様から頂いたご質問こちらのコーナーでは提示しております。

健康補助商品

水素力

水素水の作り方について

飲み方について

水素について

その他

アクティブビオII

品質について

Q1: 水道水以外で水素水を作ることができますか?
A.基本的にはどんなお水でもご利用頂けますが、水の硬度が100以上の場合はスティックの原材料が早期に劣化する可能性があります。
有機物の少ない水でご利用して頂く事をお勧めしております。

Q2:お茶などで水素水を作ることができますか?
A.お水以外の物にはスティックを使用しないでください。
お茶、ジュース、清涼飲料水などにはスティックを入れますと使用できないことはありませんが、お茶などに含まれている成分が石に付着しスティックの能力が低下し、寿命も大幅に下がります

Q3:スティックは何本使えばいいですか?
A.通常は、500mlの水に対してスティック1本以上からご使用ください。
※水素水を早く作る、水素濃度を高めたい場合は、更にスティック1~2本を追加して使っていただければ効果的です。

Q4:どのくらいの時間で水素水を作ることができますか?
A.500mlの水に対してスティック1本で約20分後から水にしっかり水素が溶け込み始めます。
2時間後には水素が含まれた水をお召し上がりいただけますが、8時間後には更に水素が
豊富な状態でお飲み頂く事ができます。

Q5: 作った水素水はそのままだとどのくらい保存できますか?
A.スティックが入ったままであれば水素は増え続けます、衛生上は約2日間は大丈夫です。
※長期間、密封し続けますと容器が膨張しすぎて破損する場合がありますので1日1回ふたを緩めて水素をぬいておきましょう。
※水の衛生上こまめに水を入れ替える事と容器の洗浄をお勧めします。

Q6:大きなペットボトルで水素水を作ることはできますか?
A.1本のスティックに対して500ml~2リットルまでの水を目安にお作りください。
※500mlより多い水になりますと水素の出来る時間や量がかなり変わってきます。
※逆に500mlのお水にスティックを二本以上入れますと通常より早く、多く水素が出来ます。
Q7: 作った水素水を別のペットボトルに移しかえてもいいですか?
A.スティック無しで、水素水だけですとしっかりと蓋をしていても水素は時間と共に大気放散してしまいます。
移し変える場合は、スティックも一緒にペットボトル等の別の容器へ移し変えてください。

Q8: 水素水に途中で水を継ぎ足しても大丈夫ですか?
A.大丈夫です。
但し水の衛生上、常温の場合は1日1回、冷蔵庫の場合は2日に1回は新しい水に入れ替える事をお勧めします。
※継ぎ足した場合は、水素濃度が薄くなる為、2時間以上放置して水素豊富な状態になってからお飲み頂くことをお勧め致します。

飲み方について

Q9:1日どのくらいの量を飲むといいですか?
A.1日1.5リットル~2リットルが良いと言われています。

Q10:水素水をあたたかくして飲むことはできますか?
A.できません。
水素水を加熱すると水素は放散いたしますのでご注意ください。
※熱いお湯にスティックを入れると水素が大量に発生し、スティックの劣化にもつながりますのでご注意ください。
Q11:病気や妊娠中でも水素水を飲んで大丈夫ですか?
A.お客様の中には、病気や妊娠中の方も水素力を愛用していただいている方は沢山おられますが、もしも気になるようであれば医師にご相談ください。
※お客様のかかりつけの医師より水分制限の指示がでている方は、 指示された1日の水分摂取量内で水素水をお召し上がりください。
Q12:サプリメントを飲むときに水素水と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
A.大丈夫です。

水素力について

Q13:水素水は料理にも使えますか?
A.使えます。
加熱しないで使われる場合は、お野菜やお米を浸けておくと活性酸素を除去できると言われております。
加熱した場合は、水素は放散してしまいますが料理にはご利用できます。
Q14:水の中に白い沈殿物が浮いているのですが、これは飲んでもいいの?
A.飲んでも問題ないです。
ミネラル分等の有機物が多く含まれる水でスティックをご利用の場合、水酸化マグネシウム(白い成分)が沈殿物として発生する場合があります。
(水酸化マグネシウムは体に有害な成分ではありません)
また、お手入れを忘れてしまった場合、スティックの中に溜まった白い成分がでてくる場合があります。
※1ヶ月に1度、酢水でお手入れし、水素水スティックを洗浄することをお勧めしております。
Q15:スティックを水から取り出して水素は減りませんか?
A.水からスティックを取り出すと水素は時間と共に放散します。
常に水の中にスティックを入れたままにすることで水素が豊富な水をお召し上がりいただけます。
外出先でも水の入ったペットボトル(500mlぐらい)にスティック1~2本を入れて持ち歩く事で気軽に水素水をお召し上がりいただけます。

Q16:スティックをお湯の中に入れたり、ポットややかんの中に入れて温めても大丈夫ですか?
A.入れないでください。
※スティックを熱いお湯の中に入れると劣化の恐れがありますのでおやめください。

Q17:スティックをゴミとして捨てるには?
A.燃えないゴミとして捨ててください。
お客様の中には中身を袋から出して花壇や畑に入れていると言う方もいらっしゃいます。

Q18:水素が発生しているのはどのように確認することができますか?
A.水素はとても小さな元素であり、無味無臭なので通常目で見ることはできません。
※水中のスティックに水素ガスが発生して小さな気泡が出来るのを確認できる事もあります。
Q19:水酸化マグネシウムはどんな成分ですか?
A.金属マグネシウムが水と反応して水素と同時に水酸化マグネシウム(白い沈殿物)が発生します。
水酸化マグネシウムは欧米では医薬品にも使われており、体に有害ではありませんのでご安心ください。

btn_osusume.jpg

活性酸素と聞くとなんだか良い酸素に聞こえます。
確かに人体にとって大切な働きをしてくれてますが、最近ではこれが問題になってます。

ページの先頭へ

btn_information.jpg


btn_kenkonews.jpg
btn_biyou.jpg
btn_kenkoshokuhin.jpg
btn_voice.jpg
btn_Q&A.jpg